歌手デビュー15周年の節目を迎えた柴咲コウの平安神宮で行なわれるプレミアムライブをWOWOWで2018年1月オンエア!

大河ドラマ「おんな城主 直虎」で“戦国武将”を演じ、女優としてのキャリアの幅を広げた2017年の柴咲コウ。その演技力の高さもさることながら、同じように注目を集め続けているのが彼女のシンガーとしての顔だ。
2002年にCDデビューを果たした彼女にとって、今年は歌手活動15周年に当たる。ミリオンセラーとなった「月のしずく」(RUI名義)をはじめ、「かたち あるもの」「invitation」「KISSして」(KOH+名義)など代表作を生み出してきた柴咲。

そんな彼女が、<月夜の宴>という副題が付けられた2夜限りのスペシャルライブを9月30日に東京・池上本門寺で、10月9日に京都・平安神宮で開催する。特別なロケーションの中、和楽器も取り入れた編成によるライブは、時空を超えた役柄を自らのものにした彼女だからこそ表現できる世界だといえるだろう。その中から平安神宮ライブの模様を2018年の新春に放送する。

■■■WOWOW番組情報■■■
柴咲コウ 「柴咲 神宮」~平安神宮 月夜の宴~
2018年1月放送予定[WOWOW]
収録日:2017年10月9日
収録場所:京都 平安神宮 特設ステージ

=========================

番組サイト:http://www.wowow.co.jp/koshibasaki/

=========================

柴咲コウを本当に知ったのは「日本沈没」の時だったかもしれない。ちょっと男らしい女性!という雰囲気を醸し出しながらも女性らしさをも感じさせる、母親の強さと女性の優しさを兼ね備えた「女性の中の女性」という印象を持ったように記憶している。

実際の役柄は、ハイパーレスキューの救助隊員か何かの役柄だったと思うが、この役どころは原作ではお嬢様だったように思う。

それが柴咲コウの人柄というか、女性らしさの中に併せ持つ強さがうまく表現されていたように記憶している。

相手役をやった人物は、個人的に嫌いなので記憶から削除してしまったようだがw

ともあれ、柴咲コウは常に女性らしさの中に母親の強さや、人としての大切なものを併せ持つ役柄が多かったように感じている。そういったところが柴咲コウの魅力にもなっているのかもしれないが・・・