地味だけど大切!11月5日は津波防災の日!防災ガールがTwitterキャンペーンを開催 〜 #地味だけど大切なもの をツイートしよう!〜

11月5日は津波防災の日。2011年の東日本大震災の教訓をふまえ、津波対策について国民の理解と関心をより一層高めるために制定された記念日です。ハロウィンとクリスマスの間に位置し、まだまだ目立たない記念日ではありますが、海に囲まれた島国日本に住む私たちにとって津波防災は切っても切れない関係にあり、とっても大切な日です。
海と共に生きる未来を目指した津波防災のプロジェクトもおこなっている一般社団法人防災ガールは、「津波防災の日」を少しでも多くの方に知っていただくために、「#地味だけど大切」と題したTwitterキャンペーンを開催いたします。

Twitterキャンペーン開催!地味だけど大切なものを教えてください!
【キャンペーン内容】
「地味だけど大切なもの」を「#地味だけど大切」のハッシュタグをつけてTwitterに投稿してください。(写真付きでもテキストのみでも構いません)
A賞:一番多くRT&いいねされた投稿
B賞:一番地味だけど大切だなぁと感じさせられた投稿
それぞれに豪華景品をプレゼントします。(B賞は審査員スタッフの独断と偏見で選定いたします。)
【キャンペーン期間】
2017年11月4日〜11月30日
【当選者発表】
12月15日までにTwitterのダイレクトメッセージにて当選者のみご連絡いたします。
【賞品】
A賞 5名
#beORANGEラウンドタオル、#beORANGEミサンガ、ブレスレットのセット
B賞 1名
秘密のオレンジ
【応募〜当選のSTEP】
①#beORANGE@海の防災のアカウント(@hashbeorange)をフォローしよう!
②ハッシュタグ「#地味だけど大切」と、テキストや写真をあわせてTwitterにて投稿しよう!
③自身の投稿をリツイート&いいねしてもらおう!
【留意事項】
※フォローいただいていない場合は、応募が無効となります。
※公序良俗に反する内容、違法性を帯びた内容等は審査対象外とします。
※各主催団体・協力団体によって良い投稿と判断されたものは、任意でリツイートする場合があります。
※ 最もリツイート・いいねが多い投稿に賞品が送られます。
海と共に生きる未来を守りたい…
新しい津波防災対策の鍵は「オレンジ」

<津波避難の課題>
・海にいるときは地震の揺れがわかりにくく、また波や風の音で防災放送が聞き取りづらいため津波に気づくことが難しい
・津波避難ビル・タワーの認知度が低く、どこに逃げたらいいのかわからない
ということが、サーファーや観光客へのヒアリングで判明しています。

<視覚で伝えるサイン、オレンジフラッグ>

そこで、海辺での視認性が高い”オレンジ”色の旗で、海辺や沖に出ている人に避難を促す「オレンジフラッグ」を広める津波防災の普及啓発プロジェクト「#beORANGE」が2016年より始動しています。

2016年夏に始動した「#beORANGE」プロジェクトは、一般社団法人防災ガールと、日本財団「海と日本プロジェクト」の共催でスタート。初年度は、高知県高知市、愛知県田原市、静岡県下田市でのオレンジフラッグ設置を実施しました。

続いて2017年には、宮崎県にて大学生を中心とした#beORANGE宮崎実行委員会が発足し、プロジェクトに理解と賛同を示していただいた10市町へのオレンジフラッグ贈呈、沿岸部でのヒアリング調査や資料配布などオレンジフラッグの普及啓蒙活動を展開。住民が主導する防災対策としても注目を集めています。
2年間で日本サーフィン連盟など海に関する民間団体の協力も得て、現在は全国84市町村に224本のオレンジフラッグを設置しました。さらに神奈川県鎌倉市では250本のオレンジフラッグ設置が予定されています。